15歳の門出を祝う会

 無料塾・ポトスの部屋の中学3年生は、5人全員が第1希望の高校に合格した。画像祝賀会を開いた。学生ボランティア4人、スタッフ8人が参加した。手作りのちらし寿司、サラダ、スーパーで買った赤飯、差し入れのケーキとイチゴなどで賑やかな昼食会をした。
 5人の中にはチベット出身の父親と日本人の母親の間に生まれた子、アメリカで中学校の途中まで生活していた子が含まれている。この5人は片親家庭の子。区役所の福祉課で相談してポトスの部屋を紹介されてきた子、彼から誘われてきた子がいる。学校の進路指導では、合格は難しいと言われた子も希望通り合格した。普通科高校に推薦で合格した子もいる。5人とも努力家でよく頑張って合格を勝ち取った。
 昼食会の食材の多くはポトスの部屋の運動に賛同した人から送られたもの。ちらし寿司は、参加したボランティアの学生と今日の主賓である合格者が炊きたてのご飯にちらし寿司のもとを入れて作った。サラダも自分たちでキュウリやニンジン、キャベツなどを刻んで作った。
 画像ポトスの部屋には行くたびに本が増えている。漢和辞典、英和辞典、和英辞典などが多い。もう使わなくなったものを送ってくれる人が多くいる。そういう篤志家に支えられてポトスの部屋は運営できている。特定非営利団体に認定された。これからも、意欲はあっても家庭の経済状況などで勉強ができない中学生の援助が効果的にできるようにスタッフは知恵と力を振り絞らねばならない。
 嬉しいことに、ボランティアの学生のひとりが国家公務員(国税)に合格した。昨日辞令伝達式があったそうだ。「職場で苦しいことがあったらここに来ます」と言っていたのが印象的だった。公立高校の定時制を無事卒業できた韓国籍の子もいるが今日は参加席なかった。時々ポトスの部屋を訪れて何かと手伝いをしていた。中学生だけでなく、ボランティアの学生にとっても、高校へ入った生徒にとってもポトスの部屋はホッとする場所のようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック