老人クラブ

 昨日から2泊3日で、「中川区連合老人クラブ連合会役員研修旅行で」粟津温泉へ行った。区の老人福祉課の担当者を含む総勢110人の大所帯。観光バス3台で行った。
 24日は福井県歴史博物館を見学した。どこの県や市にもある地域の博物館と同じように、古代から現代までの歴史を、出土品や書画、陶芸、木像品などが陳列して説明してあった。福井と言えば、福井大地震が記憶に残っている。被害の実態を、移築した被災家屋など実物で説明してあると思ったが写真だけだった。
 画像25日は那谷寺へ行った。紅葉を期待していたが夏の気温が高かったせいかがごく一部が紅葉しているだけだった。1時間だけの見学だったが、広い境内を歩くには半日はかかる。奇岩遊仙境や鎮守堂はじめいくつかの名勝は階段を上り下りしなければいけない。老人クラブの旅には不向きだと判断したのだろう。
 24日は北陸地方には珍しく快晴だった。泊まった宿「のとや」は、今まで経験したどの旅館より良いサーヴィスだった。バスを降りると、仲居さんをはじめとした従業員が並んで出迎えてくれた。テレビドラマで出てくる旅館の出迎えようだ。宴会には、女将が20人ほどの仲居さんを従えての挨拶。これもテレビドラマのようだ。途中で、老人クラブの女性たちが炭鉱節を踊ったら大勢の仲居さんも一緒に踊った。さらに、主に事務関係の新しく入った男女の従業員たちが地元の民謡踊りを披露してくれた。帰る時にも、女将を始め多くの仲居さんや従業員が見送りしてくれた。暇だったのだろうか、我々の人数が多く大きな収入源になったためだろうか、どうでもいいが気になった。
 2日目は、曇りがちで時々雨が降ったが車中だったし、昼食などで降りた時もぬれても気にならぬ程度の雨だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック