物忘れ

 私ども夫婦も順調に老いてきている。体力では、階段の上り下りの速度がうんと遅くなった。少しだけ急だったり段の差が数センチ高くなっていたりするだけで息が切れる。無理をして若い人と一緒の早さで歩くつもりはないが気だけはあせる。気力だけはまだまだと思っているからよけいあせる。体力よりも記憶力が弱くなったのが気になる。順調なのか老けすぎなのか分からないが最近では毎日二人で、消してなかった、止めてなかった、開けてあったと忘れてそのままにして次の行動に移ったことを指摘、批判さらに批難しあっている。でも、腹は減るので食事の時間を忘れることはまだない。聞くとところによると、食事をしたことを忘れまた食べるという人もいるそうだからいずれそうなるかもしれない。
 今日歯医者へ行く途中の道で、杖代わりの押し車を押して車道の真ん中をゆっくり歩いている人を見た。端からは堂々と車道を歩いていてうらやましくさえ思ったが本人はあせっていたのかもしれない。それともそこを歩くと危険だということに思いが及ばなくなっているのかもしれない。いずれそうなるかもしれない。
 それにしても、どの運転手も慣れたものかで警報を鳴らさずにうまくハンドルをきって老人を避けて走って行ったのには感心した。
 年を取ると、立っている時間が少なくなりそれが老化を早めるとラジオで言っていた。料理をするにはどうしても立つ。だから、料理を進んでやるといいとも言っていた。この点では今のところ合格だ。しかし、パソコンを使って仕事をするには立ってはやれない。今も、座っている。夕食後もう3時間近くパソコンの前に座っている。料理をするために立っている、パソコンのために座っている、さてどちらが老化を防ぐのに役立つだろう。そろそろパソコンを止めて日記を書き、風呂へ入って寝るとしよう。日記を書くこと、もちろんその前にパソコンをシャットダウンすること。プリンターのスイッチを切ること、スタンドと部屋の電気を消して部屋を出ることを忘れないようにしなければならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック