交流研

 地域民主教育全国交流研究会が今年11月に名古屋で開かれる。その準備集会が今日と明日ウインクあいちで行われる。今日は午後から会の代表の挨拶、実行委員長としての私の挨拶のあとふたつの報告が開催地の愛知からあった。
 名古屋市の教員が、県から名古屋市への権限移譲による常勤講師への対応が報告された。賃金の月10万円カット、再雇用2ヶ月間の空白、年休は10日だけ、などというひどいもの。名古屋市では生活が成り立たないと臨時教員は近隣市町へ出ていく、という内容だった。
 愛知高校生フェスティバルの活動について、実行委員長と副実行委員長の高校生から報告があった。早口だったがしっかりした内容の報告で他府県からの参加者を驚かせた。委員長はフェスティバルの現状と高校生の活動を、副実行委員長は18歳選挙権についてのアンケートの結果を報告した。二人ともしっかりしていて感心した。中心的な報告ではないが、高校生が活動することをあまりよく思っていない高校では、このような集会に参加する場合は、私服でという指導があるとの発言があった。学校の逆宣伝と学校側はとらえているのだろう。制服を着るなという管理もあるのかと驚いた。
 夜は懇親会が開かれた。南は沖縄、鹿児島、北は青森から世話人を中心に20数名の参加があった。明日は分科会の内容について話し合うことになっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック