春分の日

 春分の日は昼と夜が同じ長さ、と言われているが、実際のところ、昨日と今日がその日にあたる、とラジオ深夜便で気象予報士が言っていた。暦で調べたら、昨日(16日)の日の出は6時2分で日の入りは18時1分。今日は日の出が6時1分で日の入りが18時2分。
 ではなぜ21日が春分の日か。学問的なことは知らないが地球の運行と太陽の位置に関係がありそうだ。堅いことをいったら、祝日法を変えて春分の日を変更しなければならない。我々の日常生活にはあまり関係ないので、そのまま21日(年によっては1日ずれるが)を春分の日としておいても何の影響もない。でも、少しだけ賢くなったような気分になった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック