見晴台学園大学

 見晴台学園大学が研究紀要を発行することになった。編集長を仰せつかった。編集長というと、原稿集めを部下に指示したり、内容についてあれこれ文句を言ったりする人のイメージがあるが、私は雑用係だ。集まってきた原稿を書式に従って調整したり印刷までの段取りをするのが役割だ。新たに書き下ろしたものはいいが、どこかに発表したものが送られてくると、版、段組、文字の大きさ、文字数、などを調整するのに苦労する。慣れていないのでよけい時間がかかる。原稿はやっと集まり、80%まではB5版、2段組、38行20字で編集した。まだまだこれからの仕事が大変だがよい経験だし次号は他の人がやるだろうから、貴重な体験と思ってがんばるつもりだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック