テーマ:あいち民研

原稿

 あいち民研が年に1回発行する「年報」に載せる新学習指導要領の小学校英語についての原稿をやっと書き上げた。書き始めたのは3週間ほど前だがいろいろな行事が入り込んできて少し書いては中断が続いていた。用事が終わったのでパソコンに向かうが最初から読み直し、気に入らないところを書き直し、を繰り返してきた。締め切りは4月28日だったが、編集担当者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年会

 今日はあいち民研教育実践部会の新年会。嘉文金山北店で。この店は今までに数回利用したことがある。手頃な値段でおいしいものが出るので一人だけで行くことがある。会場担当になったので、5人ぐらいなら予約なしでもいいと思いここに決めた。1時に入ったのでいつもより混んでいた。うまい具合に5人分の席が空いていた。我々以外は食べると直ぐに出ていく。他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島を忘れない

 昨年3月、あいち県民教育研究所(あいち民研)の教育実践部会は福島へ行き、3・11の被災体験とその後の生活などを直接住民から聞き取りをした。私も参加した。それをもとに今春「原発授業副読本『福島を忘れない』」を出版した。今日、副読本の内容を深めるためと実際に原発の授業をした報告を聞くために公開学習会を開催した。  第1部は、放射能汚染を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「福島を忘れない」

 あいち民研教育実践部会が「福島を忘れない」という副教材を出版したことは前に書いた。それを元にした実践報告や福島から愛知へ避難している人の話を聞く公開学習会を10月23日に開催する。会場は日本福祉大学名古屋キャンパス。  今夜、実践部会で当日の日程や実践報告のあらましなどを話し合った。  忘れられかけている福島原発事故、その前の地震…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サマーセミナー

 「第28回愛知サマーセミナー」が昨日から東海学園高校・大学を会場に昨日から開かれている。その講座のうち「戦争体験を語り継ぐ集い」に参加した。元関東軍兵士の橋詰四郎さんが終戦前後の中国での厳しい生活の様子を生々しく語った。氏は91歳。張りのある声で話をし、いくつかの軍歌を歌った。皇国民教育の「成果」で今でも歌える。こんな軍歌もあったのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あいち民研

 あいち県民教育研究所の第26回総会が行われた。第一部は活動報告、決算報告、今年度の方針、予算案の提案、採決などがあった。いずれも採択された。  第二部は「愛知の子ども・教育・子育て こんなに変わった」という題でシンポジウムが行われた。3人が報告した。「瀬戸市学習支援教室」の報告があった。自分自身が無料塾に関わっているので、特に関心を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あいち県民教育研究所

 あいち民研の運営委員会があった。28日に開催する「中学生の自殺がなぜ続くのか」をテーマにした話し合い(フェイスブックに内容を書く)、6月12日に行う「結成25周年 あいち民研総会」の内容、年一回発行の「年報」の内容、二た月に一回発行の「通信」の内容など重要なことが議題になった。その割には短時間で終わった。  会議後は恒例になっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more