山田

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国の方と

<<   作成日時 : 2017/06/03 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「中川の教育・子育てを考える会」の6月例会は、今までと大きく異なり、教育・子育てから離れて、中国の教育事情などを聞き、話し合った。6人が参加した。
 世話人会議で次回のテーマは、と話し合っていたときに世話人のひとりが、岐阜の新婦人の方から「『そちらに息子夫婦がいる。妻は中国から来た人で若い人より年配の人の方が親しみやすいと言っている』と聞いた」と言った。じゃ、その方が承諾してくれるなら会に来てもらい中国のことを勉強しようということになった。それが今日実現した。
 彼女は、中国の大学で日本語を学び日本に来た。そして愛知教育大学の大学院で教育学を学んだ。
 まず、中国の教育事情について聞いた。「学歴社会で、小中高校は塾のよう。受験勉強重視で体育や美術は重視されていない。勉強のできない子には教師からもいじめがある」というような話が合った。広い国のことだからこれが中国の教育事情だと鵜呑みにすることはできないがまんざら彼女の個人的な考えではなさそうだ。というのは、隣の国日本については、アニメ以外に知るすべがなかった、そうだ。日本のことは受験には関係ないから教えなかったのだろう。中国に留学していた日本人と結婚したので日本のことを知り彼の帰国とともに日本に来た。だが、愛知教育大の大学院で学んだだけのことはあって、日本の教育事情には通じている。教壇に立ちたいが中国人だから教員免許が取れないと残念がっていた。
 彼女は今、1歳半の子の親。中川の新婦人の会で、中国を教えている。もちろん私は新婦人の会の会員ではないが時間があれば一緒に勉強したいと思った。
 愛教大での彼女の指導教官が私のよく知っている人、いくつかの講座の教授も知っている人だった。「院生の頃は、◯◯と呼ばれていました。今度K先生に会われたらよろしくお伝えください」と言われた。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国の方と 山田/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる