テーマ:場面緘黙

見晴台学園大学

 昨日準備した「いろは歌」の講義。学生は1人だけ。先ず、いろは歌を知っているか否かを聞く。最初は「知らない」に○を付けたが、「いろはにほへと」のことだと分かると「知っている」に○。いろはに…の表を印刷した厚紙を渡す。カードになるように切ってもらった。同じものを普通の用紙に印刷したものを用意する。  講義開始。  「いろは歌は何文字で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見晴台学園大学

 後期第1回目の授業。1年生は二人いたが一人が退学したので残ったH一人だけの授業。この学生は場面緘黙の女性。先生方はどのように授業を進めるかに苦労している。口頭でのやりとりはできないので、こちらはしゃべるが彼女はノートに書いての半筆談で授業を進める。「言語と数量」という講義だが、「言語」は半分が書きことばでの授業でいささか変わった授業に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見晴台学園大学

 「言語と数量」の前期の最終講義。最終回も学生はRひとりだけ。しりとりをした。彼女の語彙力が知りたかった。大学生としりとりをやるなんて…。しかし、そんなばかげたことをと拒否もせず付き合ってくれた。拒否してくれたら嬉しいが、しりとりをやりましょうでもやりたくないでもない。なんの反応もない。ホワイトボードに第1語を書いた。ものすごく時間がか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見晴台学園大学

 本来の授業日ではないが、29日と7月6日が都合が悪いので今日補講のつもりで授業をした。Mは欠席。緘黙のR相手の個人授業になった。サブティーチャーも所用があり、文字通り1対1の授業になった。何をやるか考えた。前回の、かぞえ歌One one one cat in the sun …を使って英和辞典を引かせることにした。one, cat, …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

見晴台学園大学

 「書きことばと話しことば」について考えた。中日新聞に「奇跡のゆりかご 一本松でカラス子育て 陸前高田」」という見出しの記事が昨日の朝刊に載った。これを教材にした。記事だから当然書き言葉だが、これをそのまま目の前の相手に話しては雰囲気を悪くする。自分の言葉で言ってみるとどうなるか。まず記事の冒頭5行で実践してみる。「東日本大震災の津波に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more