テーマ:赤旗文化セミナー

しば刈り

 「赤旗文化セミナー 楽しい英語」の受講生は私より少しだけ若い人ばかり6人(今日一人増えて7人に)。むかし物語「桃太郎」の出だしの部分を英語に訳してもらった。簡単なようで難しい。「ある所」をどうするか、「おじいさんとおばあさん」をどう訳すか、などなど。a certain placeやsome placeではどうもぴんとこない。あれこれ話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しい英語

 「赤旗文化セミナー 楽しい英語」で極寒地でのマラソンについての文を読んだ。北極近くでの世界でいちばん寒いマラソンでは、マイナス20度の地を走るのだから顔もすっかり覆った服装で走らねばならない。息継ぎのテントには温かい飲み物や菓子が用意されている。応援する人は誰もいない。その42.2㌔のマラソンで、ポーランドの男性が4時間6分34秒で優…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中村哲さん

 「赤旗文化セミナー」で中村哲さんの仕事を紹介する文を読もうと提案して数ヶ月になる。早速教材づくりにと、関係する書籍を見たがのっていない。どこでか忘れたが読んだことがある。授業で使ったことがある。しかしどこでかも忘れた。過去の教材綴りを見てもない。パソコンのどこにも保存されていない。困った。生徒さんからは、中村哲さんのことはいつやるのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニイタカヤマ…

 赤旗文化セミナーでのこと。Sさんが来週は休むと言われる。理由は台湾の玉山に上るから、とのこと。「英語教室」には7人の生徒さんいるが、そのうちの3人までが山男、山女だ。Sさんは、御在所で登山訓練をしたことを教室の冒頭ではなした。玉山に上るために訓練だったことが分かった。玉山は標高3,952㍍で富士山より高い。  「台湾というと、ニイタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地雷

 赤旗文化セミナー「楽しい英語」で、年末年始を夾んで5回にわたって読んだ”Rise Aggain, Motala!"が今日で終わった。難しかったという感想が多かった。  タイのMotalaという雌象が地雷を踏んで左前足のくるぶしより下を吹き飛ばされるという大きなけがをした。飼い主の少年、世界でここにだけある象の病院の医師らの懸命な看病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モッタイナイ

 「赤旗文化セミナー・楽しい英語」で、新英研の仲間たちがまとめた「英語授業づくりアイディアブック11」の中にある「日本のモッタイナイABC」を読んだ。AがAloha、BがBicycle、Cがhopsticks、DがDual function、EがEach garain of rice、FがFuroshikiとなっている。それぞれ日本人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸術作品の見方

 「赤旗文化セミナー実行委員会(講師団会議)」で、秋の文化祭をどうするかが話題になった。誰々を講師に、という話が中心だった。そこで、ここにいる人で講師になれる人がいくらでもいる、と提案した。例えば、見術館めぐりを担当しているH先生に美術の見方を話してもらったらどうか。名作といわれる作品の中に、なぜこれが名作なのかわからないものもある、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの貧困

 赤旗文化セミナーでのこと。先週「保育所落ちた 日本死ね」を紹介した人が今日は自分のことを話した。  孫が中学校に入る。制服を買ってほしいとのことで喜んで孫のところへ行った。スーツ式の制服で、ブラウスが2着いる。そこまでは、いいとしても、制服業者が直ぐに夏服になるから夏服もどうかと聞くのでそれも注文した。合計8万円にもなった。これでは…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

率先垂範

 「赤旗文化セミナー 楽しい英語」で中学校1年生修了間際程度の教材(100語程度)を使った。内容はすぐに理解できる人ばかり。簡単な英文をなん回も読むと英語力がつく、と10回音読、数回の黙読、その内に暗記できる.暗記したら、暗写(テキストを見ないで英文を書く)する。さて、あなたはどこまでできるか、と問いかけた。  指導者たる者、生徒に要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しい英語

 「赤旗文化セミナー 楽しい英語」では毎回、生徒さんに、旋回からの1週間で印象に残ったことを英語で発表してもらっている。5人の女性はきちんと英語を書いて用意してくる。講座が始まる前に、この表現でいいか、この文はあっているか、ここはどういうといいか、などを私に確かめより完成度の高い文を発表する。男の人は、フィリッピンでいろいろなことに手が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語の勉強

 昨日の無料塾と違って赤旗文化セミナーは大人が生徒。60代後半から70代前半の男女4人が生徒。ここでは1対1より6人ぐらいまでが、生徒にも教える方にもちょうどよい人数。事前に渡した教材をちゃんと予習してくる。やる気十分だ。「中学生程度の勉強」という触れ込みで生徒募集したのだが一年半もやってきた今は高校生の実力の人ばかりだ。学校なら、一週…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

文化祭

 昨日、愛知年金者組合の「文化のつどい~作品展」を見た。今日、「あいち赤旗文化セミナー文化祭」に参加した。  「年金者組合の文化のつどい」は隔年毎に作品展と舞台発表を行っている。作品展にはここ数回写真を出している。妻は、和服を洋服に作り直したリフォームの作品を出している。4室に展示されていたが、手芸とリフォームは各1室。絵画、書道、写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more