テーマ:老人クラブ

会計監査

 年金者組合中川支部の会計監査をした。2時間ほどかかるかと思っていたが1時間もかからなかった。会計さんは元銀行員で帳簿を扱うことにはなれている。私自身サークルの会計をしている。収入と支出だけの簡単な帳簿だ。しかし、今日の帳簿は複雑だ。収入にしても支出にしても、金額だけでなく、本部、女性部とかニュース代、動員費など細かく分類されている。組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御在所 断念

 学区老人クラブ会長会の一泊旅行から帰った。毎年この時期に湯の山温泉にある希望荘に一泊する。今回は会長だけでなく、同行したいという人もいて総勢14人で出かけた。希望荘のバスが送迎してくれる(バス代は要る)。1時半に出発して2時半前についた。時間はある。部屋に落ち着いてしばらくして風呂へ。6時から夕食だが宿泊客が満員で準備が追いつかず少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人クラブ

 第46回中川区老人クラブ連合会総会が中川区役所講堂で行われた。前半は、事業報告や決算報告、事業計画や予算案、役員紹介などいつもの通りに進行した。その後、講演会があった。演題は「社会人落語~笑いは心のエナルギー」。講師は若鯱亭笑天さん。社会人落語というジャンルを知らないが、「プロではなく、学生の落研でもない社会人が趣味で落語を研究したり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人福祉

 「ふれあい広場」という催し物が月に2回開かれる。ひとりぼっちの年寄りをなくすのが目的のようだ。主催は自治会なのかその上の区の福祉関係の部署なのかわからない。運営は民生委員がやっている。いつの頃から始まったのかも知らない。4月から、これに老人クラブも加わることになった。こちらから入れてくれといったのでなく、民生委員の方から一緒にやりませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人クラブ

 「老人クラブ運営補助金申請書」を名古屋市に提出をした。昨年度の「運営補助金精算報告書」も同時に出した。いくつかの制約の範囲内で、何をどのように使ったかを書いた。下書きに多くの時間をとった。つじつまを合わせるためだ。何か行事をする場合、会場費、資料印刷代、茶菓代などは認められるが、茶菓代はひとり200円以内となっている。今どき200円で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人会

 名古屋市老人クラブ通信「なごやかひろば」を配布担当者に届けたり、私自身の担当者に配った。今日はめずらしく留守が多かった。いてもチャイムが聞こえなかったり、すぐには出てこれない事情があってのことかも知れない。ポストへ入れる。「わざわざ持ってきてもらわんでもえぇわ。ポストへ入れてってちょ」という人もあるが、せっかくだから顔が見たい。元気な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人会

 「中川区老人クラブ連合会」の研修旅行が昨日と今日行われ、阪神・淡路大震災のときの「野島断層」を保存している保存館を見学した。活断層の野島断層が動いたことによってあの大地震が起きた。保存館には、道路や畦、生け垣、のずれなどの実際がそのまま残されている。野島断層保存館は1998年7月31日に、国の天然記念物に指定された。日本には活断層がた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敬老会

 自治会と老人クラブ共催の敬老会が開催された。毎回、講師を呼んでためになる話を聞いたり、ハーモニカの演奏を聴いたり、手品を楽しんだりしてきた。今回は中川消防署から来てもらい、熱中症対策と地震対策の話を聞いた。救急車に乗っている若い消防署員と「出動はしない」立場の年配の署員から話を聞いた。どちらも今までテレビやラジオで見聞きしたり、新聞で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more